不動産の融資の金額はどの位が適当か。

鳥です。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 
人気ブログランキングへ

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

 不動産の融資の金額はどの位が適当か。

 

 今後、フルローンで、購入を検討している人の場合。

 銀行の預金残高だと思います。

 

例1 預金残高が500万なら、物件価格は500万です。

  それをほぼフルローンで買う事をお勧めします。

 

理由は、フルローンで買う事はできても、

 その状態で利益を出し、賃貸を続けるのはかなり難しいからです。

 

実際には、家賃収入は、

  借入金の返済(元本+利息)で、消えてしまうでしょう。

 

 実際に買って、運用してみるべきです。

 

楽勝なら、

  レバレッジをかけてもっと高い物件を買えば良いですが、

 少しでも、不安があるなら、じっくり考えてみるべきです。

 

大金をかけて失策をした場合、

 その人の人生が狂ってしまう事もあります。

    

また、500万円位の金額なら

   働けば、返せる金額です。

 

資金に余裕のない人が、最初に億を超える物件を、

 

 フルローンオーバーローンで買うと・・・。

 

 どれだけ、スリルのある事がわかると思います。

 

 

 
人気ブログランキングへ

 

 
人気ブログランキングへ

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

 

 

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:売買

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ