調査の紙 1枚

鳥です。
 
 


人気ブログランキングへ

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

 

 現地調査前

 

物件調査をする前に、外観写真の載っているA4を1枚用意する。

 1枚なのは、後で見返すのに2枚だと、ジャマだからである。

 1 物件の外観が載っている。

  一人で見るので、対象物件を特定するのに必要です。

 2 正確な住所がわかっている。

  一人で行くので、場所がわからなければたどり着けません。

 3 できれば、住宅地図があると便利。

  表札から、物件を特定できます。

 当日

 1 見た日の年月日、曜日、時間、天気を書きます。

   これは、後で見直した時に思い出しやすくする為です。

 2 物件にくるまでの道の印象を書きます。

  前回にも書きましたが、後で未来の入居者が家族を車に乗せて

  見にくる可能性があります。その時に影響があります。

 3  駐車場から道路に車が出やすいかみます。

   入居の決定権は奥様が持っていることがあります。

   自分の使いずらい物件の評価は当然落ちます。

 4 外壁や屋根を見ます。

   見た瞬間キレイでなければ、100万を概算経費としてカウントします。

 5 物件価格は事前に載っていますが、いくらで貸せるか考えます。

   その価格と根拠を書いておきます。

   後で見直した時に、ヒラメク事があります。

 6 物件調査を30ケ所します。

  そうすると、インターネット上では、高い、安いだけですが、

  実際に現地調査すると、価格の割りに高い、安いが感じてきます。

 

大家としての底力が段々上がってきます。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

 

 

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月16日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:物件調査

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. kamochan より:

    ブログ始めたんですね~♪
    リンクしてもいい?

  2. より:

    鳥です。

     kamochan さんへ

     リンクOKです。

     よろしく、お願いします。

  3. 狼さん より:

    じゃあ便乗してワタクシもリンクしちゃいます。。

    あと当日の項目で2,3,6はゴットおぶアイデアだと思います。(たろうさん風)

  4. より:

    鳥です。

     狼さんへ

     お褒めの言葉、ありがとうございます。

     


このページの先頭へ