退去しにくい物件は

鳥です。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 
人気ブログランキングへ

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

退去しにくい物件は・・・、借り手からみてお得な物件です。

それは、家賃の低い物件だと思います。

 

 1 鳥が長期的に借りると仮定した場合

   立地や物件の状態もありますが、

   やはり、自分の収入から、

        逆算して払える家賃があります。

 

 2 次に、相場より安い家賃で住んでいる仮定します。

  そこで、退去の理由を考えます。

 

 2-1 家賃が高いから退去する。

    家賃が安いはずなので違うはずです。

 

 2-2 物件状態が悪いから退去する。

    修繕してあげて下さい。

    直さないと、次に入居してもらえても、同じ理由で退去します。

 

 2-3 大家がキライだから退去する。

    人間関係は大切です。

以上の理由なら、大家サイドの問題で改善の余地があります。

 

 2-4 入居者の卒業、結婚、就職、リストラ。

           入居者の問題です。

    暖かく送り出してあげるのが良いと思います。

 

 3 退去があった場合。

 3-1 退去の立会

           原状回復の大家負担。

 3-2 入居の募集中

           空室期間による機会損失。

 3-3 空室が心配の為に生じる

            コンサルタントやセミナーの費用。

 3-4 入居契約時

            広告料や謝礼。

 

 以上の退去費用家賃の値下げ と比較検討するのも、

 必要かも知れません。

 

 簡単にまとめてみました。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

 

 

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:賃貸

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ