不動産管理料が否認されるケース 1

鳥です。

 

 
人気ブログランキングへ

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

 不動産管理料が否認されるケース 1

 条件

個人で所有している。

不動産管理会社に管理料を払い管理を委託している。

節税?の為に同族法人に更に、管理を委託している。

このケースの場合は、管理の実態がないと判断されました。

判断は、特有の事由が含まれていますので、判例は公開されていますので、気になる方は確認をしてみるのも勉強になると思います。裁判所で検索して下さい。

諸般の事情で、突然非公開になる可能性があります

明日、ケース2を(問題がなければ)公開したいと思います。

過去の判断事例です。参考にしてください。

同族会社に対する本件委託業務は、不動産賃貸業の遂行上必要な業務とは認められず、かつ、同族会社が当該業務を履行したとする客観的な資料も認められないことから、請求人が本件契約に基づき不動産管理料を支払ったとしても、必要経費には算入されないとした事例

▼ 裁決事例集 No.55 – 43頁

 本件契約業務の具体的内容を検討すると、[1]当初から不動産管理業務を委託している不動産管理会社との交渉業務等を含む経営全般に関する知的判断業務は、請求人個人の責任と判断において行うべき性質のものであり、同族会社であるH社が当該業務を履行したとする客観的な資料がないこと、[2]その他の業務については、不動産管理会社への委託業務において十分可能であり、当該業務をH社に委託する必要性があるとは認められず、また、H社においてこれらの業務を行ったと認めるに足りる証拠がなく、当該業務を履行するために要した費用の計上も認められないことから判断すると、H社との本件契約業務は本件不動産賃貸業の遂行上必要な業務とは認められず、かつ、履行したとする客観的な資料も認められないことから、請求人が本件契約に基づき本件管理料を支払ったとしても所得税法第37条第1項に規定する必要経費には算入されない。

平成10年2月26日裁決

 

 
人気ブログランキングへ

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月15日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:賃貸

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 白ヤギ より:

    ケース2、とっても気になります。
    続きが読みたいのでクリックしました!

  2. クマ より:

    コメントありがとうございました。

    実は自分のお付き合いしている大手自主管理オーナーさんもこれと似た件でゴタゴタしています。
    詳しくは書けませんが、税務署や行政に目を付けられると敵いませんね。

    ポチっとさせて頂きました!

  3. より:

    鳥です。

     白ヤギ さんへ

     了解。

     ありがとうございます。

  4. より:

     鳥です。

      クマさんへ

     こちらこそ、よろしくお願いします。

     内容は、グレーゾンですね。


このページの先頭へ