加速世界の住人

 鳥です。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

 加速世界の住人

 

 

 さて、今回は、話が変わって、売買の話である。

 

 加速世界・・・スタートや結果を加速します。

 

 例えば、7000万円の物件を買うとします。

 

 その時は、8000万位の現金がなければ、買う事ができません。

 

 えっ? 融資を引けば?

 

 その通りです。

 

 融資を引けば、手元に現金が無くても、買う事ができます。

 

 本来、何年後でなければ、無理な事を、

 

 加速(融資を受ける)する事で、可能になるのです。

 

 さて、ここからが、本題です。

 

加速世界には、特有の黄金律があります。

 

それは、結果を加速する。という事です。

 

もう一度、言います。

 

加速世界では、結果が加速されます。

 

黄金律を知らない初心者は、

 

成功を加速する。と勘違いしてしまうのです。

 

結果には、成功と失敗の両方を含みます。

加速は、

 

成功だけを加速させるのでは、ないのです。

 

失敗も加速させるのデス(死)。

 

話はここで、変わります。

 

物を買う時をイメージして下さい。

 

サイフから、円を取り出して支払う時と、

クレジットで、買う時をイメージして下さい。

 

ある研究によると、現金で買う方が、

クレジットで買うより、査定が厳しくなる。

という話があります。

 

両者とも最後の結果は、同じですが・・・。

 

クレジットの方は、他人のお金と感じてしまい、

現金では、買わないものも買ってしまう。

という話です。

 

さて、ここで、不動産に戻ります。

 

鳥は、最後に一つ質問するとしたら・・・。

 

その物件、7000万円の現金で買いますか?

 

 

ここで、迷うようなら、

 

 

まだ、加速世界の住人になるのは、

 

早いのかもしれません。

 

 

誰でも、加速世界に入る事は、できますが、

 

時に、大きな代償を要求される。という事も、

 

頭の片隅にあれば、幸いです。

 

 

加速世界の住人より。

 

 

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

 

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月17日 | コメント/トラックバック(6) |

カテゴリー:売買

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 九州のMi より:

    mixi より飛んできました ランキング ぽっちっと
    しておきます。

  2. ひろ* より:

    仙台物件の融資づけをしている時、銀行さんがうちの義母に言ってました。
    「銀行はお金を貸すんじゃなくて、時間を貸しているんです」と。
    20年かけて貯金して収益物件を買うのでは大変だから、銀行がその貯蓄する時間を
    金利と言う対価を貰うことで貸しているんですよ、というお話でした。

    お金ではなく時間を借りているという発想で考えられるようになると
    レバレッジという単純な一言で済ませられなくなるような気がします。

  3. より:

    鳥です。

     九州のMi さんへ

     ありがとうございます。

  4. より:

     鳥です。

      ひろ*さんへ

     おもしろいです。

     脳内にネタの1つとしてありました。

     今度、日記に書きます。

  5. 大変参考になる記事を有難うございます☆

    応援『ポチッ』☆

    加速世界の住人になるには

    ある意味度胸が必要ですが

    臆病さも必要なのかな…と思います。

    当方臆病なので、一生懸命勉強しています☆

  6. より:

    鳥です。

      はぐれメタル大家☆さんへ

     大変、すばらしいです。

     生き残るのに、臆病さは、

     大変重要な能力だと、

     思います。

     


このページの先頭へ