借家人賠償保険

 鳥です。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 
人気ブログランキングへ

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

 

 

鳥 借家人賠償保険についてです。

鳥 誰が、加入しますか?

友 入居者です。

鳥 正解です。

鳥 ただ、大家サイドからも、加入ができます。

友 大家さんの方で、加入したら、保険料が、かかって損では?

鳥 ・・・。

鳥 その通りですが。

鳥 サービスの一環としてです。

鳥 アパート・マンションの場合は、建物について、包括的に加入する事ができる場合もあります。

友 どの、保険会社にも、ありますか?

鳥 ない保険会社もあるかも知れませんね。

鳥 自主管理の場合、2年の賃貸契約が普通です。

鳥 そして、更新(再契約)が、2年ごとにあります。

友 それで?

鳥 大家さんが、事務処理をする場合、大家さんサイドで、火災保険料を負担していれば、火災保険の加入漏れがなくなります。

友 それだけ?

鳥 それ、だけ、です。

鳥 2年事にかかる負担を軽減する事で、退去のきっかけを減らす事ができるかも知れませんね。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 
人気ブログランキングへ

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

 

 

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

タグ

2013年1月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保険

隕石とRC 2

鳥です。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

 

隕石とRC 2

 

 

 

ヤリてジジイさんの記事です。

 

参考になったら、是非、彼のブログまで、

出向いていって、クリックしてあげて下さいね。

 

本文開始

 

地震保険というものにお世話になりたくは無いが、

大地震というのは必ずやってくるものなので、

 

それ相応の準備が必要になる。

皆は忘れているが、関東大震災はいつ来ても

おかしくない状態なのでR。

 

というわけで今回の大地震を踏まえて、

色々と考えてみた。

 

「地震保険て、いざというときの為にかけているものなのに、

 

いざというときに役に立たないんじゃないか?」

と、思えてきた。

 

細かいことは頭の良い不動産投資家や

保険のプロにお願いするとして、

 

今回みたいに大きな地震の規模だと

自分が望む保険の金額が下りることはまず無いだろう。
不動産投資においては、建物が建っているか

どうかではなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物が建っていて、

 

 

 

かつ安全に

 

使用出来なければ

 

 

 

意味が無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということだ。

 

マンションで例えると、

 

 

 

倒壊は免れたものの

 

玄関や部屋の扉が開かない

 

若干建物が傾いてしまっている

 

等の問題が発生した場合、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産としての価値が激減する

 

 

 

ばかりか最悪は

 

 

 

0評価

 

になってもおかしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾いた物件に住む人はいないだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物が建っている以上、

 

保険会社から

 

全壊の評価が

 

出ることは考えにくく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半壊はおろか、

 

一部損壊の判定が出てもおかしくない。

 

そうなると、そのオーナーは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨大な瓦礫

 

を抱えることになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金銭的に、もしくは物理的に

 

修繕が不可能な場合、

 

解体をしなければいけなくなるが

 

その費用も、

 

もちろんオーナー持ちになる。

 

 

 

 

借り入れで大きくなった人は

 

この時点で

 

ほぼ詰んでしまうだろう

 

 

 

そう考えると地震保険に

 

全幅の信頼をおくよりも、

 

別の方法を考えたほうが

 

良いのではないかと思う。

 

死なない凍死

 

もとい、

 

 

死なない投資

 

を目指している私としては、

日本における不動産投資のリスク、

 

そして

それをどこまで見極めることが出来るのかが

重要だと感じた日曜の朝だった。

つまり、サンデーモーニング。

 

強烈な内容ですが、

 

巨艦RCをお持ちの所有者の方は、

 思う所があるのでは?

 

 

 

最後まで、お読みになりましたら、

 

是非、

 

 

さんに応援クリックしてあげて下さいね。

 

よろしくお願いします。

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

 

人生という物語は続く。

 

鳥の個人的な見解です。

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

タグ

2012年12月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保険

地震保険の過去の支払額

鳥です。
 


人気ブログランキングへ

 

 賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 
 
 

 地震保険の過去の支払額

 日本損害保険協会のコピーです。

災 害 名 発生年月日 支払保険金

(億円)

 1  兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災) 1995年1月17日 783億円

 2  芸予地震 2001年3月24日 169億円

 3  福岡県西方沖を震源とする地震 2005年3月20日 163億円
 
 4  平成16年新潟県中越地震 2004年10月23日 146億円

 5  十勝沖地震 2003年9月26日 59億円

 6  福岡県西方沖を震源とする地震 2005年4月20日 52億円

 7  鳥取県西部地震 2000年10月6日 29億円

 8  宮城県北部を震源とする地震 2003年7月26日 22億円

 9  宮城県沖を震源とする地震 2003年5月26日 19億円

 10  平成19年能登半島地震 2007年3月25日 18億円

 ※日本地震再保険株式会社調べ

 (ただし、「平成19年能登半島地震」は損保協会調べ)

 

 
人気ブログランキングへ

 

 

人生は長く、世界は広い、肩の力を抜いて、生きてみよう。

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

 

 

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

タグ

2012年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:保険

〇〇の〇〇をかもじゅうが切るのか?

鳥です。

〇〇の〇〇をかもじゅうが切るのか?

 

 
人気ブログランキングへ

 

賃貸は、空室と滞納との闘いです。

負ければ、破産デス(死)。

鳥のウソに踊らされてないですか?

 

火災保険について、

 

良い記事がありましたので、

 

掲載したいと思います。

 

一部、鳥の都合で伏字にします。

 

原文では、

 

実名報道されていますので、

 

気になる方は、

 

原文で確認して下さいね

 

アパート自主管理!かもじゅう不動産投資家

 

参考になったら、是非、彼のブログまで、

 

出向いていって、クリックしてあげて下さいね。

 

本日は6/15発行の

 

〇〇〇〇〇〇の巻頭特集

 

『〇〇〇〇〇を〇〇』

 

について書こうと思います。

 

あらかじめ申し上げますが、

 

このエントリは

 

〇〇〇〇〇〇に関して

 

誹謗中傷の意図はまったくなく、

 

かもじゅうも毎月楽しみに読んでいます。

 

そればかりか

 

〇〇〇〇〇〇は有用な記事が多く、

 

不動産投資に関する重要な情報源

 

として利用いたしております。

 

当該エントリは今後の

 

〇〇〇〇〇〇

 

のさらなる飛躍のために、また

 

〇〇〇〇〇〇

 

を読む読者が誤解をしないよう、

 

今回記事の論評を行うものですので、

 

ご了承ください。

 

さて、さて、保険業法が改正になって

 

昔共済なんて小さくやっていた会社が

 

極小保険会社として認められることになり、

 

〇〇〇〇という少額短期保険会社から

 

『〇〇の〇〇』

 

という商品が発売されていました。

 

これ発売されたのは

 

すごくよく覚えています。

 

だって

 

衝撃!シリーズ『物件で遺体発見』

 

しちゃった案件がちょうど収束した

 

2年くらい前に発売されたんですから。

 

あまりにもタイムリーで商品内容、

 

真剣に調べちゃいましたよ。
※そして当然落胆しましたけど。

 

いよいよ、核心に迫るのか?

 

ここから先は〇〇〇〇〇〇6/15号を

 

お読みになっている前提で進めます。

 
話しがわかりづらい場合は、

 

サイドバーのリンクから

 

無料ダウンロード

 

していただくことをオススメします。

 

(リンクはアフィリになってます)

 

6/15号の巻頭特集で

 

『〇〇〇〇〇を〇〇』

 

ということで、

 

保険会社の〇〇〇〇に

 

編集長の〇〇さん達が訪問

 

して保険商品

 

「〇〇の〇〇」

 

についてインタビューしてました。

 

この

 

『〇〇の〇〇』

 

という保険商品はどういう内容か

 

というと

 
↓↓

 

 
収益物件の居室内で

 

遺体発見されたとき、

 

その後の

 

原状回復期間中の家賃補償をしてくれる

 

そうです。

 


えっ?

 

原状回復費用補償

 

の間違いでしょ,って

 

この保険を初めて知ったとき思いました。

 

でも残念ながら間違いではなく、

 

家賃補償しかしてくれません。

 

このタイアップ記事では、

 

遺体発見後の原状回復には

 

費用(250万かかるとか)も

 

期間もかかる(6ヶ月かかるとか)と

 

〇〇の人は話してるのですが、

 

保険の補償は、

 

なぜかその原状回復期間の家賃だけです。
 

 

たとえば、

 

かもじゅうが出会ってしまった

 

遺体発見事例が、

 

もし支払該当したとしたら、

 

2週間でリフォーム終わってるんで、

 

50万弱費用がかかって

 

補償はなんと6万!

 

もう受け取れる補償はお見舞い程度です。

 

しかも、

 

原状回復には6ヶ月かかるケースもある

 

と言っていながら、

 

最大補償期間は家賃の6ヶ月分までです。

 

空室期間中補償なら

 

少しはマシかとも思うのですが、

 

原状回復期間中しか補償してくれません。

 

他にも、

 

保険料が安いのが

 

ウリとか記事上で言ってますけど、

 

保険料の安い保険ってのは

 

事故の発生頻度が低いってことです。

 

 

事故発生時の損害に対して、

 

補償内容が異常に低くて、

 

しかも

 

その損害自体の

 

発生頻度が低いんです!

 

要は保険会社は

 

保険料とるだけで、

 

支払する機会がないってことです。

 

保険商品としてひどくないですか?

 

こんな保険商品あり得ません!!

 

しかも名前は『〇〇の〇〇』ww

 

敵じゃないけど、

 

 

明らかに

 
味方じゃありません。

 

不動産投資・収益物件

 

における遺体発見のリスクは、

 

修繕費用リスク、

 

宅建業法における告知事項に

 

該当することで

 

発生する家賃低減リスクです。

 

この記事では


孤独死はリスクだ~!
自殺が年間3万人もいて大変だ~!!

 

と煽っておきながら、

 

保険商品の補償の話になると、
いきなり家賃補償に切り替わります。

 

こんな保険じゃリスク管理はできません。 

 

現時点で、

 

収益物件における

 

遺体発見の

 

修繕費用リスクをまかなうような

 

保険商品は存在しません。

 

※最下部参照

 
じゃぁどうすればいいのか。
 

 

↓↓
このタイアップ記事

 

でも書いてあるとおり、

 

修繕費用なんてかかっても250万、

 

かもじゅうケースなら50万程度です。

 

そんなもんは

 

修繕費用リスクには

 

貯金しておくほか方法はありません。

 

家賃低減リスクは

 

がんばって

 

客付けする気持ちを持てるよう、

 

投資家自身が

 

強い精神を持つほかありません。

 

できるだけ早く、

 

高く貸すお客様を見つけて、

 

あきらめず、

 

風雪に耐え忍ぶことのできる

 

精神力をもつだけです。と、

 

保険商品『〇〇の〇〇』

 

悪口ばかり言ってしまいましたが、

 

かもじゅうの本音は、

 

こんな保険商品、

 

本当はどうでもいいのです

 

〇〇〇〇が

 

こんなさえない商品を、

 

こんなインパクトのある

 

名称で販売しようと、

 

勝手にやってくれればいいのです。

 

〇〇〇〇が

 

〇〇〇〇〇〇でタイアップやったり、

 

〇〇さん〇〇の会で

 

セミナー実施を

 

売り込むこと自体に

 

何の文句もありません。

 

(ここからが本題です)

 

今回かもじゅうは

 

この〇〇〇〇〇〇の

 

〇〇〇〇との

 

タイアップ記事に

 

おける編集長の〇〇さんの

 

態度が気に入らないのです。

 

 
(言っときますけど、気に入らないだけですから)

 

かもじゅうが

 

ファンでもある

 

編集長の〇〇さんは

 

〇〇〇〇の

 

この保険商品

 

『〇〇の〇〇』が、

 

大家にとって不要な保険商品

 

であることはわかっているはずなんです。

 

2008年の〇〇さんのブログに

 

『自分の物件での自殺を

 

心配する人はリスク感覚が無い』

 

って書いてありました。

 

証拠のブログ記事はこちらww

要は〇〇さんは、

 

不動産投資家が

 

居室での自殺を心配する前に、

 

他にもたくさん心配することあるだろ!

 

って思ってるってことです。

 

〇〇さんは、

 

この保険商品が

 

大家に不要な保険商品

 

だとわかっているんですから、

 

 

〇〇さん自身が

 

本当の『〇〇の〇〇』になって、

 

「こんな補償じゃ

 

大家のリスク管理になりません」とか

 

「なんで現状回復費用を担保する

 

商品を作らないんですか」とか

 

くらいなこと、言えるはずです。

 

〇〇〇〇〇〇の記事では、

 

話しが淡々と進み、

 

「ステキな大家向け商品ができました!」

 

みたいな結論になってるのは、

 

やはり〇〇〇〇から

 

広告料をもらってしまったことが

 

原因なのでしょう。

(想像です)

 

投資・ビジネスには

 

真摯な〇〇さんのことですから、

 

広告料をもらってしまうと

 

なかなか広告主相手に

 

、強いことは言えず、

 

本当の『〇〇の〇〇』

 

には成り切れなかった

 

ということだと思いました。

 

ファンとしては

 

裏切られたようで本当に残念です!

 

そんな残念な

 

〇〇さんが、

 

『大家のための保険丸わかり基本講座』

 

なんてもっともらしい記事を

 

続けて書いてました。

 

村兵衛さん

 

や他のブログでも

 

この記事は良かったと

 

評価されているようですが、

 

そういった面があるのは間違いありません。

 

保険商品なんて

 

定期的に

 

重説や約款読んだりするのは

 

保険マニアのかもじゅうくらいで、

 

保険料と保険金の違いが

 

わからないなんてのは

 

一般的なことです。

 

記事自体はウソはありませんから、

 

良かったと評価されること自体は

 

そのとおりだと思います。

 

ですが、かもじゅうはこの記事を読んだあと、

 

『なんじゃぁこりゃあ?片手落ちやろ(怒)』

 

『これだけ紙面があるのに、

 

なんで肝心なところが曖昧なんやぁ(怒)』

 

と感じました。

 

ひろ*さん

 

からコメントにて情報いただき、

 

上記を担保する商品 ありました。

ごめんなさい。
保険マニア、反省してます。
詳細はご自身でご確認ください。

 

 最後まで、お読みになりましたら

 

是非、

 

アパート自主管理!かもじゅう不動産投資家

 

に応援クリックしてあげて下さいね。

 

よろしくお願いします。

 

 鳥が面白い記事を探してきたなと思った人は、下記をクリックして下さいね。

 
人気ブログランキングへ

 

人生という物語は続く。

鳥の個人的な見解です。

■収益物件を探せるサイト【収益物件数No.1】国内最大の不動産投資サイトで物件探し!
■価格.comの太陽光一括見積もり! 太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電価格コム一括見積もり最短1分のカンタン入力!お得な太陽光発電の一括見積もりサービス

タグ

2012年7月22日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:保険

このページの先頭へ